スクワランオイルでオイル美容

スクワランの効果(2)肌の上で天然のクリームとなる

スクワランは肌と同じ成分で乳化作用に優れており、肌の上で汗や水分と簡単に混ざり合い、肌の皮脂膜となります。皮脂膜こそが肌の天然のクリームで、肌を刺激から守り、水分が蒸発するのを防ぎ潤いを保っているのです。

 

普通の化粧品や乳液・クリームは、肌に浸透したり肌の成分と溶け合うようにいろいろな成分を添加してあります。そういう添加物がなくても、優れた乳化作用で皮脂膜となって肌を守るのが、純度の高いハーバーのスクワランオイル。

 

またスクワランの粒子は非常に小さいので、肌への浸透力に大変優れています。スクワランオイルを塗っても、ベタツキを感じないのは、そのお蔭。0.5秒で1ミリ肌に浸透し、1分弱で毛細血管に到達すると言われています。さらにスクワランには、他の成分を一緒に浸透させるパワーがあります(ヴィークル効果)。さらに保湿効果もあるので、スクワラン成分を少量含んでいる化粧品も多くあります。

 

スクワランは、健康な肌の皮脂には3〜4%、そしてスクワランの元であるスクワレンが12〜15%ぐらい含まれていると言われます。でも25歳頃から、この分泌が減少していきます。自然にできる皮脂膜が少なくなっていくことが、肌の老化やトラブルのひとつの原因。加齢で少なくなっているスクワランを補うことで、アンチエイジング効果があります。

 

肌の弱いアトピーや敏感肌の人でも使用できるのは、添加物のない純度99.9%のハーバーのスクワランオイルだから、です。